ででべや 安価で~するよ! 55328

 ここは管理人「かめ」さんのR18サイト「かめべや」の許可をもらった、キャラクターを使っての安価SSサイトです。かめべやファンの方と楽しんでいけたらと思ってます。  レズ系、キャットファイト系、スカトロ系や変態芸等々、それらを使った女同士の恥の掻かせ合いと言った方向でやっていきたいと思ってます~。

●安価とは●
指定されたレスで、その状況に合わせた自由な要望をすると、それがSS内で必ず採用・反映されるというものです。詳しく知りたい方はチュートリアルで。


>>2「安価で>>3しよ」

1:でで 管理人 :

2015/03/20 (Fri) 09:39:17

>>2「安価で>>3しよ」

>>2はかめべやキャラ限定、>>3はエロ限定
2:名無し :

2015/04/04 (Sat) 00:02:51

耶音しろは
3:名無し :

2015/04/04 (Sat) 15:48:22

変態芸
4:でで 管理人 :

2015/04/23 (Thu) 12:07:23

しろは「安価で宴会芸しよ」

副部長「へ?」

しろは「よしと」プリン

副部長「わ!? 部長なにしてんの!?」///

部員「おお」「いいお尻」「急にふざけ入った!?」

しろは「まずは、尻たぶ広げ運動~! おいっちに! さんし! ごーろく! しちはち!」グニングニンッ♪

副部長(両のお尻をわしづかみにして暴れさせて……すごっ/// アナル丸見えじゃん//)

しろは「ふんっ、ほぉおおおおお……」グッ

部員「最大限に広がった! お尻の穴が……穴がっ!!」

しろは「おおおお……はっ!」ブボバッ!!!

部員「ひゃあっ!」「くっさーい!」「部長ってばどうしたのー!?」

しろは「第一体操おしまい! 続いて、裸踊りします!」
5:でで 管理人 :

2015/04/23 (Thu) 12:16:20

しろは「さあ、いくわよ!」バサッ!ズリリッ

副部長「ぶ、部長ってば……みんな見てるよ!? 何考えてるの!?」マジマジ

部員「そういいながら楽しそうね副部長」「うおお、デカパイまた丸出し!」「また? そういえば見たことあったっけ?」

副部長「がに股……っ」ゴクリ

部員「副部長ってばやっぱ部長のことを?」

副部長「で、でも股間だけは隠すのかあ……」シュン

部員「残念そうですねw」

副部長「う、うるさいなあ//」

しろは「当然でしょ! 裸踊りなんだから! 股間曝したら負けじゃない! そんなの、私のプライドが許さないわ!」

副部長「プライドて」

部員「お尻の穴丸出しでオナラまでしておいて!?」「おっぱいも出てるのに」「部長どーしたの!? 見るけど//」

しろは「いくわよ。それーっ!」シュバッ!!
6:でで 管理人 :

2015/04/23 (Thu) 12:21:58

バッ!バババッ!

しろは「この私のマンコ、そうやすやすと見せはしないわ!」バババッ!

部員「凄い気合!」「でも丸出しですよ」

しろは「へ?」

副部長「手だけで隠そうとするし、タイミングも隠す位置もでたらめ……ド下手糞じゃないですかあっ!!」キャー///

しろは「な、ななななっ! くっ私としたことが! これでっ、えいっ、えっと、こう!?」サッサッ、バッ、チャチャッ

部員「一気にぎこちなく」「勢いなくなりましたね♪」「丸出しミジメー♪」

しろは「そ、そんな、私が……っ! ま、まだまだ行くわよ! しっかりと股間を隠してみせるわ!!」

副部長「部長どうしちゃったのよー……」ジーーーーッ

部員「寄ってますね副部長」


洗脳者「ふふふ……さーて、どうしようかな」
選択安価↓
1 他の部員たちも洗脳して、それが普通って状態にする
2 洗脳を一旦解いて反応を楽しむ
3 洗脳を解いて、あとは他部員たちのS心に任せる


7:名無し :

2015/05/07 (Thu) 09:06:02

1で
8:でで 管理人 :

2015/05/14 (Thu) 08:54:03

部員「部長酔っぱらっちゃってるの? いつ呑んだ……」

洗脳者「それでは1で」ビビビッ!!

副部長「んじゃ部長、そろそろ練習始めよっか」

しろは「そうね」

洗脳者「変態芸しながら走れ!」ビビビ

しろは「そんじゃ、いくわよ! いっちに! さんしっ!」ヘコヘコサッサッ♪

部員「はーい」「いっちに!」「さんし!」タッタッタ

副部長「部長、ちゃんと隠れてないよ? 丸見え!」タタター

しろは「うーん、むずかしい……」スッテテテッ

洗脳者「ふふ、裸踊りしながら朝練のランニング……ふふふうふふふ」ジュルリ
9:でで 管理人 :

2015/05/14 (Thu) 09:12:59

洗脳者「がに股になるせいですごい遅れて一人で走っているな。ふふふ、次はどじょうすくいで」ビビビ


しろは「う!? あそーれっ、そーれそーれそーれそれそれ♪」スインスインサッサカサッ

副部長「あれっ部長なんか速くない?」

部員達「さっきまで一番遅かったのに」

洗脳者「前後への動きで少し速くなって追いついたか」

しろは「よーし、おいつくわよ! それそれっ!」スインスイン

副部長「よかった、みんな一緒に走れる」

部員「よかったよかった」「一生懸命はしろー!」スタタッター

洗脳者「ふふ……ではこんなのはどうだ受け取れ」ポイッ

部長「!?」パシッ

洗脳者「投げよこしたのは折れた割り箸! さあ!」ビビビビ
10:でで 管理人 :

2015/05/14 (Thu) 09:16:51

しろは「ほごえっ!」グビイッ!

部員「部長~、鼻の穴よく見えますね」「でかーい!」

しろは「ふざけたこと言ってないで走る!」スインスインスタタター

洗脳者「どじょう掬いと言えば、鼻と下唇に割り箸を差し込むアレだ! 無様な顔だ! ふふふふふ」

しろは「ふぎっ、ふぐっ、な、なんか苦しい」

副部長「さあさあ! あと5週~~!」

タッタッター

洗脳者「走り終えたら今度はどうするかな」


>>6の選択肢で安価↓ 次になんの芸をさせるかも
11:名無し :

2015/05/15 (Fri) 15:04:01

2 裸で創作ダンス
12:でで 管理人 :

2015/05/16 (Sat) 09:13:07

ビビビピタッ

しろは「はぐっ、ふぐ……は!?」

副部長「ぶ、部長!?」

部員達「きゃあああっ!?」「なにしてんの!?」「うわわ、おっぱいおマンコ、鼻の穴まで丸出しに!?」

しろは「やああっ!? な、なんなの!? ちょ、ちょっとおおっ! ひ、ひぐっ鼻が痛い」グゲゲ

洗脳者「よしと……ついでに創作ダンスをさせよう」ビビビ

副部長「部長~、何してんのよ……練習中に」

しろは「いあ、あわわ、ちょ……違っ」アワアワ///

部員達「いつもは偉そうにしてるのに~」「やだ~変態~~」「ち、違いますよね、たまに恥ずかしい罰を与えるでしょ? それを分かち合うために」

しろは「み、みないでえええ……う!? な、なんか……あ、あ、あ、あ?」バッ!

副部長「ど、どうしたの」

13:でで 管理人 :

2015/05/16 (Sat) 09:20:54

しろは「ほっ! はっ!?」バババババッ!!

副部長「げ!?」

洗脳者「両手をバッと挙げ、右足も挙げてY字バランスのような……? おおっ丸見え」

部員達「おっぴろげ!」「モロだし!」「うわー……パイパン」

しろは「ひいいっ? み、みないでー!」ピョンピョンピョンッ♪

副部長「見るなったって見せつけてるくせに」

しろは「あわわっ! ひええ!?」バッ!シュバッ!バッ!

洗脳者「ほほう、挙げる足を交互に……そして同時に腕を上げ下げしたり、頭の後ろに回すポーズを数瞬ずつ。ふむふむほうほう」

しろは「あ、あうううう~~!」

洗脳者「もっと踊れ」ククク

しろは「ほうっ!?」グバッ!

洗脳者「頭の後ろで手を組んで……」

副部長「がにまた!?」ウホー!
14:でで 管理人 :

2015/05/16 (Sat) 09:26:00

しろは「よっ、はっ、ほっ、ほっ」グイングインスイン♪

部員達「うおおお!?」「パイパンマンコを前後に揺らしまくってる!?」「す、すっごーい」

しろは「ひいいいっ! ちょっ、みないでええっ!!」

副部長「な、なにやってんの部長……う、うわー、あはっ」

しろは「はひっ、ひいっ、み、見ないでってば! 私はこんなことしたくな……あわわ」トローリ

部員達「とろーり!」「液が……すごい」「ふむふむ、粘り気のあって垂れ下がる感じの」

しろは「ひいいいいいいいいいいいいいいいっ!!」

副部長「>>15
15:ななし :

2015/05/16 (Sat) 18:55:01

次は尻アピールもしてよ♪
16:でで 管理人 :

2015/05/17 (Sun) 06:40:38

しろは「な、何言ってんのよっ!!」

部員達「副部長の言うとおり!」「それくらいはしてくれますよね?」「だって自分から裸踊り♪」

しろは「うううっ」

洗脳者「脅迫されてる感も出てきたな、いいぞいいぞ」

しろは「だ、黙っててよ……?」プリンプリン♪

副部長「おおおー!」

部員達「いいお尻♪」「日焼跡エロすぎ!」「こーもん見えた!」

しろは「はうううううっ!!!」///

17:でで 管理人 :

2015/05/17 (Sun) 06:43:19

洗脳者「しかし、尻をアピールする動きか……振る以外になにがあるかな」


しろは「こ、今度は立て揺りっ!」ブンブン!プリプリ!

副部長「おおさすが!」

部員達「やるう!」「なんともはや」「陸上部辞めようかな……?」

しろは「くうううっ、情けないっ!」アウウウウ


洗脳者「そうだ。部員たちに、欲望解放的に命令をさせるよう操作してみよう。しろはになにか尻をつかった芸をするよう命令をするのだ!」ビビビ


部員達「そうだ、部長、>>18してみて!」「>>19もいいんじゃない?」

しろは「なっ」
18:梅雨 :

2015/05/18 (Mon) 01:04:12

ウンコぶりぶり踊り
19:ななし :

2015/05/18 (Mon) 02:45:18

そのまま尻穴ほじりも
20:でで 管理人 :

2015/05/27 (Wed) 19:34:56

ナズナ(副部長の本名)「ちょっ、アンタ達も調子に乗りすぎ~」ケラケラ

しろは「こ、この……うぐぐぐぐ」

部員達「それそれ~」「ほいほい~!」「こんなことバラされたらどーなるかー? なんつって!」

しろは「あ、あう、うあ、がぐ……や、やるわよおおっ!!」

ナズナ「うおっ!?」

洗脳者「おお」

しろは「ふんっ! ふんっ! ふんんっ!!」ググッ!

部員達「すごい」「部長が」「こ、こんなところで出そうとしてる」ウオオオオオ

ナズナ「しこ踏んだ後みたいな踏ん張り方で……これはすごいわ」

しろは「ぐ、ぐぬぬっ! ぐぐぐぐ! は、恥ずかしすぎる……」

部員「なにもあんなあそこも何もかも丸出しにしなくてもいいのに」クックック

しろは「う、うぐぐぐぐ! うおおおおあ!!!」

ブリュリッ!
21:でで 管理人 :

2015/05/27 (Wed) 19:45:09

しろは「はうほおおおおおおおおお!」ブボブリュリュウウウウウウッ!!

ナズナ「うわわ!」

部員達「すっご!」「うわあ……」「部長最低かも」

洗脳者「これはすごい……図太いのがぼろんと出たと思ったらドバドバと……おっと、踊りはどうしたんだ」ビビビ

部員「部長! 早く踊ってください! ……あれ私何を」

部員達「あっそうだった」「早く踊って踊って!」「出きっちゃったらやり直しですよ~?」

しろは「う、うぐっ、そうだった……う、うぬ、はっ、ふっ!」ブリュンビュリュン♪ドップドプッブラン♪

ナズナ「尻尾みたいにブラブラと。まあ思いつく限りで普通よね。丸出し~」フフフ//

しろは「く、悔しいぃぃぃぃ……想像力とか発想力まで言われる筋合いないってのぉぉぉ」ブブブブビップリンプリン♪

洗脳者「最後は振り回して、尻から投げるように一発、と。悪くない」

しろは「ふう、はあ……あ、あとはシリアナほじり……なんでこんなことを!! 汚い!」ブチュッベチャベチャグリグリ

部員達「きゃはは! なんかいい!」「すごい……人として」「どうやったらこんなことできるのかしら?」ワクワク

しろは「う、うるっさーい! うわあああああっ!!」
22:でで 管理人 :

2015/05/27 (Wed) 19:50:48

部活後~~

しろは「ううっ、なんで私が」

部員達「部長~、またおもしろいの見せてくださいね~」「掃除はよろしく~」ケラケラ

しろは「ううう~!」ゴシゴシガシガシ

ナズナ「部長なのにお掃除一人でさせられて……あんなことするから下に舐められんのよ」

しろは「あ、アンタだって面白がってたじゃない!」

ナズナ「う。え、えっと……>>23


洗脳者「部室に二人っきりになったか……副部長のセリフ次第でどうするか決めよう」
23:名無し :

2015/05/31 (Sun) 18:55:53

どうしたら許してくれますか?
24:でで 管理人 :

2015/06/05 (Fri) 09:36:10

しろは「そうねえ……ふふ、反省する気があるなら、お尻を向けて? 生で」

ナズナ「生……ぬ、脱げってこと!?」

しろは「そういうこと」

ナズナ「えええ……」

洗脳者「よーし、やらせてみよう」ビビビ

ナズナ「はうっ!?」

しろは「?」

ナズナ「部長ッ! お尻を出します! 何でもしてください!」プリン♡

しろは「お、ほほー、いいねいいね」

洗脳者「そして即洗脳を解く」パッ

ナズナ「いっ!! わ、私何を!!」

しろは「かんちょーーーーーーーーーーっ!」ドブシュウッ!!

ナズナ「うごえっ!」

しろは「さらにぐりぐりぐり~~~!」グリグリグリ

ナズナ「あああああっ、ぶ、部長っ!? ひ、ひいっ、あはっ、うあはっ、ちょっとおおおおお待ってえええええええええええええええええ」

しろは「まだまだ終わんないよー! おしりぺんぺーん!」パンパンペンペンバシンバシーン!

ナズナ「ちょっ、憂さ晴らし入ってない!? ねえ! わあーーーん!!」ギャハアアアアア!!!!


洗脳者「……十分変態だなあいつ」


おわり
25:でで 管理人 :

2015/06/05 (Fri) 09:37:00

しろは編、とりあえず終わり。



>>26「あいつに>>27させよっと」
26:名無し :

2015/06/17 (Wed) 14:58:07

ヒサゴ
27:名無し :

2015/06/21 (Sun) 22:31:09

人前でおもらし
28:でで 管理人 :

2015/06/24 (Wed) 09:01:01

教室~~

ヒサゴ「”あいつ”……つまり、ユリだ!」

ヒサゴ「へっへへへ~、でもどうしたらいいだろ?」

ヒサゴ「やっぱし利尿剤か……ネットで買おう。スマホスマホ」スススス

ヒサゴ「ふむふむ、まあ安いの買えばいいか」

ヒサゴ「と、これを飲ませたところでトイレに駆け込まれたり野ションされたりしたら意味ないし」

ヒサゴ「その辺のところを考えないと」フムフム

ヒサゴ「学校のトイレを全部ふさぐ……うーん、現実的じゃないなあ」

ヒサゴ「……うーん、うーん……」

ユリ「なにしてんだ? うーんうーんって、ウンコがでねーのか!?」バシンッ!

ヒサゴ「いたた……何すんだ!」

ユリ「でかい声出すなよバーカ」

ヒサゴ「バカとはなんだよ!」

ユリ「あれー? 私に負けて素っ裸で謝ったのは誰だっけ~?(本サイトのチャンバラ漫画より)」

ヒサゴ「ぐ、ぐっ! 今にみてろぉ……!」
29:でで 管理人 :

2015/06/24 (Wed) 09:05:53

数日後~~

ヒサゴ「とりあえず利尿剤はゲット」

ヒサゴ「次はどうするかなあ……うんと~」

ユリ「『うんこ~』だってよ」ケラケラ

女子達「くすくす」「何言ってるの紗枝原さん」ククク

ヒサゴ「ちがうっつの!」

メク「ひ、ヒサゴさん……」アウウ

ヒサゴ「あのボケ……最近調子に乗りやがってぇ! どうしてくれようか」グググ

ユリ「~♪」

ヒサゴ「よーし、根回ししとかないと。あいつがおもらしする状況を作り上げる! まず>>30

30:梅雨 :

2015/06/24 (Wed) 20:23:23

戦略上、ふんどしダンスのあと全裸で犬猿鶏の真似して最後にウンコしながら裸踊り。歌つきで、歌詞は安価で決める。恥をかいて油断させる・・と
31:fffffff :

2015/06/25 (Thu) 11:28:34

盛りだくさんだなww
32:でで 管理人 :

2015/06/25 (Thu) 21:51:30

ヒサゴ「い、いよーっし!」バッ!バサバサアッ!

女子「きゃあ!?」「なにしてるの紗枝原さん!?」

メク「ひゃああ///」

ヒサゴ「ふんどしはなんか落ちてたのを使用……!」クルクル

ユリ「なにしてんだお前」

ヒサゴ「な、なんかすごい間違ってる気がする……けど! うわあああああ~~~!」フリフリサッサ!フリフリサッサ!

女子「何考えてるの」「人として大事なものを急に捨てた……」

ヒサゴ「へ、へいへいへ~~い! (み、みんな見てる……最悪だあっ! で、でも目的達成のためにはぁあああ!)」スッタタスッタンタン♪

メク「あうう///」

女子達「なんか面白くない?」「いいぞ~紗枝原さ~ん♪」「ほらっ、あそーれ♪ あ、そーれっと♪」

ヒサゴ「う、ううっ、みんな面白がってるぅうう!」

ユリ「ホント、バカだな……」ププッ

ヒサゴ「う、油断してるな、一応作戦成功……多くを失ってるけどもぉおお! で、でもまだまだ油断作戦は終わらないぞっ!」スルスルッ!

女子達「おおおお!?」「ふんどしおろしたあっ!!」「まっぱだ! まっぱになった!」

ヒサゴ「よ、余計なこと言わなくていいいっ!!」ギイイー!

メク「いったいどうしたのヒサゴさん///」ヒエエエ
33:でで 管理人 :

2015/06/25 (Thu) 21:56:11

ヒサゴ「す、すっぽんぽんで……犬のマネ! わん! わんわんわん!」ハッハッハ

ユリ「今度は犬になりやがった!」

女子達「ぷぷっ」「かわいいかも」「アソコの毛がすごいね」マジマジ

ヒサゴ「(う、うう、あんまり見るなってばああ!)わ、わんわん!」

ユリ「あははウケる! おい、三べん回ってワンと言え!」

ヒサゴ「わん!」クルクルクル

ヒサゴ「……わんっ!」

ユリ「ぎゃはははははははは!!!」

ヒサゴ「く、屈辱だああ……つ、次は猿のマネか……」スック

ユリ「う!? な、なんだよ」

ヒサゴ「さ、猿か……ひ、人として……で、でも!」ワナワナ

ユリ「お、おい、なんだよ、自分から始めたんだろ!? ……あ!?」

ヒサゴ「うっきーわっきゃー! うっきっきうっきっき! うききききーーーーーっ!」

ユリ「……へ?」

メク「あ、あわわ、がにまたで丸出し……//」

ヒサゴ(すっごい情けない……ちっきしょおおお!)ウキーキキー!

女子達「これはまた」「や、野性的だね」「エロっていうよりおマヌケ」

ヒサゴ「う、うっきぃっ、うききききー!(うるさいいいー!)」

レズ「マヌケ? そこがいいのよまた」ゴクリ

ヒサゴ(一人変な目で見てる!!!)
34:でで 管理人 :

2015/06/25 (Thu) 22:06:35

ユリ「ほらほらヒサゴザル、もっとなんか芸しろ~」ピシピシ

ヒサゴ「い、いたっ、お尻叩くな!」

ユリ「そーだよなあ、こないだの大敗北を思い出しちゃうもんな~♪」ケケケケケ

ヒサゴ「だ、だまれえ!」///

ユリ「へへ、ほらほらどーした! 猿猿猿!」ペンペン!

ヒサゴ「う、うぎぎいいいいい……!」バッ!!

ユリ「お、こ、今度は何だ!?」

女子達「手を振り上げたわ」「がにまたのまま」「腋まで丸見え」

レズ「これは素晴らしいわ」ウフフヒヒヒ

メク「あうあう///」

ヒサゴ「こ、ここここけーこっこっこ! こーっここここけーっこここおおお!」バタバタバタ!!

ユリ「今度は鶏かよ……呆れるな」ポカーン

女子達「あはははっ!」「いいぞー紗枝原さーん」「おもしろーい、次は何なのー!?」キャハハハハ!

ヒサゴ「ぜ、絶対おもらしさせてやるからな……ぐじょおおおおっ!」バサバサバサバサ!
35:でで 管理人 :

2015/06/25 (Thu) 22:11:14

ヒサゴ「さ、最後は……うんこしながら裸踊り!」グッ

ユリ「え」

メク「ええっ」

ヒサゴ「う、う~~ん! う~ん!」ググググググッ

女子達「うそお」「マジで!?」「この場で!?」

レズ「こ、これはすごいわ……動画、動画!」ササッ

ブリュッ

ヒサゴ「ぐ……でたっ」グググ

女子達「きゃあああああああああああ!」「ちょっと、茶色いのが顔出してるっ!! やだあ!」「なんか敷くもの! 新聞紙!」「いらないプリント重ねておいて!!」

ヒサゴ「う、ぐうう……」ブルルルッ

ユリ「お、お前、頭狂ったのか?」

ヒサゴ「うううぐううううう! うおおおおおあああ!」ササッ!

レズ「またも手を振り上げた……お、踊る!?」

ヒサゴ「う、ウンコしながら裸踊り~~~~~~~~!」ブリリリリ~~~~~~~!!!

ズッタタズッタタブリブリブリイイイッ!!

メク「////////」

ユリ「あははははははっ! 人間としてこれはないだろー!」ギャハハハハ!

レズ「こんな素晴らしい動画が撮れるなんて……この学校通っててよかったあああっ!!」キャー!

ヒサゴ「ぢ、ぢっぎじょおおお……う、歌わなきゃ!」


歌詞を1~2行ずつ、安価↓1~3で
36:fffff :

2015/07/17 (Fri) 03:11:42

変態ヒサゴ参上ケツ毛ボーボー――――――――ーん
37:名無し :

2015/09/01 (Tue) 23:17:11

お尻フリフリ~ウンコブリブリ~
38:名無し :

2015/09/11 (Fri) 14:11:38

そのままパンツをはいたなら~
あっという間にウンコまみれー!
39:でで 管理人 :

2015/09/11 (Fri) 22:19:32

ヒサゴ「変態ヒサゴ参上ケツ毛ボーボーーーーーーーーーーーん」バッ!ババッ!

メク「え、えっと? わわ、お尻を広げて振り乱して……」

ユリ「ぶっ!? な、なんだ今度は!?」

レズ「ケツ毛イイ!!」

ヒサゴ「お尻フリフリ~ウンコブリブリ~♪」ブリブリブリブリブリ!

ユリ「あはははは! 顎が外れるっ! お腹よじれちゃうじゃない! 最悪よアンタ!!」アハハハハアハッハハハハハ!!!ヒイッヒイッ

メク「あわわ……」

ヒサゴ「そのままパンツをはいたなら~♪ あっという間にウンコまみれー♪」ズブシュッ!

……

ユリ「ぎゃーっはっははははっははっははははっはあ! バカだ! バカだ! バカ過ぎるこいる! はははっ! まじで!? ぎゃははははーーーーーーーーっ!!!」ヒイヒイヒイイイ!

メク「   」

クラスメイト達「なんなの」「そ、掃除しといてね」「もういや……頭痛い」「臭っ」

ヒサゴ「あああああ、私なんでこんな……あああああああああ……」ガクッ

ユリ「ひいっ、ひいっ、くくく、死ぬッ、笑い死ぬ! 無様でみじめなバカ踊りに殺される~~~!」クククヒャハハハハハ!

40:でで 管理人 :

2015/09/11 (Fri) 22:19:50

ヒサゴ「結局あいつを笑わせただけで……私の人生どうなるんだよおおお……」

レズ「私がお嫁に貰ってあげる」

メク「だ、だめですっ!!」

レズ「え」

ヒサゴ「め、メク……そうだよな、私にはメクがいるもんな」ウウ

メク「///」

クラスメイト達「きゃあ!?」「岸辺さん!?」「お、おしっこ!?」

ヒサゴ「え!?」

ユリ「あはははあはあは……は?」ジョロロロロロロ

レズ「おおー」

ユリ「……」

ユリ「わ、わらいすぎたぁあああああああああああああああああ!?」ギャアアアアアアアアアアアアアアアアアアア

ヒサゴ「バカめ! やった! ついにやった! 私の勝ちだーっ!!」イヤッホーイ!!

メク「ど、どこがですか……」



メク(ヒサゴさんが散々はしゃぎまわって、自分の姿を思い出したのは14分も後でした……)

ヒサゴ「ぎゃああああああああああああしまったあああああああああああああああああああああああああああ」
41:でで 管理人 :

2015/09/11 (Fri) 22:22:07

ヒサゴ、限りなく大きな代償を支払い目的達成。

次章サブタイトル
>>42「安価に従って>>43しなきゃいけない?」
42:名無し :

2015/09/13 (Sun) 00:35:45

氷見ユウカ
43:名無し :

2015/09/30 (Wed) 18:45:47

おなら
44:でで 管理人 :

2015/10/02 (Fri) 11:24:17

ユウカ(ある日)

ユウカ(私はPCの露出サイトをチェックしていた)

ユウカ(自分の動画が誰かに撮られていて、UPでもされていたらどうしよう……)

ユウカ(私の、自らした無様な姿が他人の手によって、知らない間にもてあそばれていたらと思うと……)

ユウカ(と、私はある動画を見た。ひょっとしたら自分かも? と思えたお尻の動画をクリックしたのだ)

ブーブッ!ブボボボボボボ!ブボボボボバーーーーーーーーーーーッ!!!!

ユウカ(けたたましい音とともに、画面内の……私とまあまあ似た女性『時雨坂アサナ』さんは悔しそうな顔で、丸裸でおならをしまくっていたのだ)

ユウカ(タイトルは『驚愕! 緑髪の無様な放屁大爆発!! ~おならをしなきゃならないの~』)

ユウカ(何があってオナラをしなくてはならなくなったのだろう。ちっとも理解できない)

ユウカ(理解できない)

ユウカ「……」

45:でで 管理人 :

2015/10/02 (Fri) 11:34:34

ユウカ(別のある日)

ユウカ(ネットの俗なニュースサイトの記事がちらりと気になった)

ユウカ(芸能人がどうしたとか、自分自身の珍しい?身の上を話したりするサイトだ。普通なら記事名を見たところで)

ユウカ(……安価で動画うpする?)

ユウカ(や、安い値段で動画を投稿するということ? リクエストを聞いてくれるとか?)

ユウカ(裸で走り回らされて、500円をちゃりんと足元に放り投げられて『おつかれ~』とでも言われようものなら、人間としてかなりの……)

ユウカ(見てみると、安価っていうのは、ネット掲示板で指定された文面を実行することのようです。掲示板書き込みのNo.に反応、つまりひっかけるという意味で「アンカー」、そこから「安価」となった、と)

ユウカ(そのサイトでは「愛沢もえか」という巨乳の女の子が、「安価」による命令で裸になったり指定のポーズを取ったりと……みじめです)

ユウカ(安価で……なんでもする)

ユウカ(その時、私の頭の中に、謎の言葉が浮かび上がりました)

ユウカ「安価に従っておならしなきゃいけない?」


ユウカ(自分でもなぜそんなことを思いついたのか謎です……)

ユウカ「とにかく、どんなシチュエーションにするか安価で決めよう(ああ私のばかあ)」

ユウカ「基本シチュエーション 安価↓ 細かいことは今後決めます」
46:ユウカ :

2015/10/05 (Mon) 01:19:13

女子トイレの個室の上の所から覗き込んで、その中に放出
47:でで 管理人 :

2015/10/05 (Mon) 10:06:12

公衆トイレ~

ユウカ「え、えっと……ここの個室に……(人としてかなり情けないことをすることに……迷惑も掛かるし。見つかったら捕まってしまうかもしれません)」

女性「~♪」カチャ

ユウカ「女の人が個室に入った! ご、ごめんなさい!」ザッ

ユウカ(自分でも信じられない行為。トイレ中の女の人の頭の上からおならを思いっきりしなければならないなんて)

ユウカ(女の人が下を脱いでから行わないと、すぐに動かれて見つかってしまうかも)

ジィイー

ユウカ(脱いだ!? の、覗き込もう)

女性「ふう」チョロロロロシャワー

ユウカ(この女の人……茶色のロングヘア。胸は私よりややちいさいかも? 私と違って服を着ているから完全にはわからないけど……)

チョロロロロ……

ユウカ(ま、まずい、終わっちゃう。お尻を個室に向けて……!)プリン♪

48:でで 管理人 :

2015/10/05 (Mon) 10:16:39

ボンブゥウウウウウウウウ!!!

女性「!?」ビクウウウッ!!

ユウカ「う!」

ユウカ(おもったよりずっと大きなのがでちゃいました。まずい、上を向かれる前に逃げないと!)ドテンガタン!

女性「な、なななな、なに!? うわ、くさい!?」

ユウカ(う、傷つく……ともかく、トイレからでないと!)タタター!

ヒュゥウウウウ……

ユウカ「あ」

ユウカ(そういえば裸でした……私は、そのまま植え込みに飛び込みました。服はトイレの掃除用具入れの中……)

ユウカ(結局また、私は全裸のまま行動することに。これからどうしよう……)

女性「誰のいたずら!? 警察に……」

ユウカ(う、あの人すっごい怒ってる……通報される前に逃げたほうがいいかも? でもこの格好で?)
49:でで 管理人 :

2015/10/05 (Mon) 10:25:35

~~

ユウカ「え、えっと……どうしよう。あの女の人、公衆トイレの前に居座ってる……」

女性「全く……! あ、こっちです!」

ピーポーポーピー

ユウカ「げ、本当に警察が来た……」

婦警A「変質者が出たということですが……」

ユウカ(う、傷つく)

女性「トイレを使っていたら急に……」

婦警B「うっわ、ここしばらくで最低の犯罪ね」

ユウカ(い、いくらなんでもそんな言い方……う)

ユウカ(お腹が冷えてきたせいか、おならがでそう……)

ユウカ「どうしよう?」

選択安価↓
1 ここでする(どんなオナラをするかも)
2 我慢し続ける
3 他へ行く(どこへ行くかも)



50:rocj :

2015/10/10 (Sat) 00:43:19

1 ウンコをしながら大爆音のやつ。人に余裕で聞こえる。
51:でで 管理人 :

2015/10/10 (Sat) 22:00:56

ユウカ「……ここでしちゃおう」ドキドキドキ

女性「必ず逮捕を……」

ユウカ「ふんっ!」

ブボバボバボバアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアッ!!!ブリブリブリビヂュウウウウウウウウウウウッ!!!!

女性「!?」ビックウウウウッ!!

婦警A「きゃ!?」ビクッ!!

婦警B「は!?」ドキーン!!

ユウカ(ふう、はあ、はあ……う、うんちまでしてしまった//)ブ、ブブッ、ブリッ

ユウカ(ま、まだ出てる///)

プゥーン

女性「な、なんなの今の!?」

婦警A「ちょ……ちょっ」

52:でで 管理人 :

2015/10/10 (Sat) 22:04:05

婦警B「い、今の何……なんなの」

婦警A「わかるけど敢えて言うわ。わかるわけないじゃない!!」

女性「こんな音を立てるなんて信じられない……人間なの?」

婦警B「う、すごい臭い!」

婦警A「いったいどんな食べ物を食べるとあんな音と匂いが出せるというの? 信じられない!!」

ユウカ(うう、まるで謎の生物みたいに言ってる……)

女性「方向からして、あの植え込みが怪しいわ」

ユウカ「う!!」
53:でで 管理人 :

2015/10/10 (Sat) 22:08:26

婦警A「たしかに」

婦警B「いったい何がいるというの」

ユウカ(あ、危ない、このままじゃ本当に逮捕されてしまう~~!)

婦警A「……」

婦警B「……」

女性「……」

ユウカ「……」

婦警A「……」

婦警B「……」

ユウカ「……?」

婦警A「やっぱり本部に応援を」

婦警B「そうですね、危険すぎます」

ユウカ(まるでテロか危険生物みたいに警戒されてる!! 余りに情けない正体がばれたらたまったものじゃないわ!)

女性「……」

ユウカ「この間に逃げよ……」ブリブリッ、ボトボト

ユウカ(全裸四つん這いで残ったウンチを垂れ流しながら逃げる姿は無様で哀れで……でも、なんとか離れた場所まで逃げることはできました)

ユウカ(この後どうしよう? どこかのトイレをのぞき込んでオナラをすることは決まっているけど?)


どこのトイレ? >>54 細かいシチュ >>55
54:ffffff :

2015/10/18 (Sun) 17:06:12

有名お嬢様学校のトイレ
55:名無 :

2015/10/26 (Mon) 20:39:30

学校一のお嬢様が下痢しているところにオナラ
56:でで 管理人 :

2015/11/19 (Thu) 15:16:23

~~

ゴソゴソガサガサ

ユウカ「ん……しょっと(ゴミバケツをかぶってそこらじゅうを這いずり回るのは最悪にみじめだったわ……)」

ユウカ「来ちゃった……お嬢様学校」

キャピキャピキラキラウッフフフー♪

ユウカ「うわ、すごい煌びやか……制服なのにドレスみたいに豪華!」

ユウカ(なのに私は全裸でゴミ箱かぶって……ひどすぎる格差が……ああ)ブルブルゾクゾクッ♪

ユウカ「……いこ」ズザズザズザ


オホホホウフフフ


ユウカ「よく見えないけど、いかにもお嬢様な笑い声が聞こえてきた……」

お嬢1「あら? あんなところにおゴミ箱などありましたかしら?」

お嬢2「それに、いまお動きになられたようですが?」

ユウカ(う、ばれた……でも”おゴミ箱”ってなんなの)

お嬢1「ちょっと気になりますわね」ザッ

ユウカ(ううっ! こっちにくる! もしも見つかったら目も当てられない状態に!!!)

トロロッ

ユウカ(や、やだ// アソコが濡れてる!?)

お嬢1「まあ、床にお水が垂れていますわ!?」

お嬢2「清掃員さんを呼ばなくては」

ユウカ「あ、あわっ!! (さ、さっきから愛液垂れ流してた!? ひえええ!)」アワワワワ


57:でで 管理人 :

2015/11/19 (Thu) 15:16:54

お嬢3「何、今の声!」

お嬢2「だ、誰かが侵入を!?」

ユウカ「や、やばい!!」ガバッ!

お嬢1「あっ!? 脚が!?」

ユウカ(もう立ち上がって、体と顔を隠しながら逃げるしかない! ああああ、まるでゴミ箱から足が生えた変な怪人みたい……でも逃げなくちゃ!)

お嬢3「ふ、不審者ーっ!!」

ユウカ「ひえええごめんなさああいっ!」ドテテテテーッ!

キャーキャーアレードスンバタン

ユウカ(視界の遮られた中、足元のわずかな光景を頼りに、廊下の壁に沿って走り回る……途中ですごい悲鳴が聞こえたり、なにかとぶつかったり……)

ユウカ(もしも正体がばれたら、大勢に恥を晒して警察に捕まってしまう……最悪、全裸手錠姿になってしまうかも!? いやああ!)

トテテテータタタター

キャーイヤー

ユウカ(でも、お嬢様学校だけあって、あまり積極的な行動にでる人はいないみたい。もしここが幼稚園とかだったら、みんなで寄ってたかってつつきまわしてきたり転ばせたりしたんだろうなあ……)

ツルッ

ユウカ「あ!?」

ドビッターーーーーーーン!!!

ユウカ「あ、あわわわ! いたた、転んじゃった! ……あっ!」


~~

先生「変質者はどこ!?」タタター

お嬢1「ど、どこですの!?」

お嬢2「おゴミ箱が転がっていますわ!」

先生「中身の変質者はいないようね」

お嬢1「いったいどこへ行ったのでしょう?」

先生「この学校の生徒の可能性もあるわね……悪いけど、あなた達。みんなの脚を見て判別してくれるかしら?」

お嬢1「ええっ」

先生「冗談よ。でも警察に通報しないと」

お嬢2「じょ、冗談がお過ぎですわ……やん♪」



~~

ユウカ「偶然、転んだところが目的地のトイレだった……ある一室に籠って、どうにか逃げるチャンスを探らないと」

超お嬢「うう、痛いですわ……こんな姿、皆さんには晒せませんわ」

ユウカ「え? 誰か来た」キィィ

超お嬢「は、はやくっ!」バタン!

ユウカ「今ドアを開けた隙間からチラって見えた感じ……ウェーブのかかったきれいな髪質にメロンの甘い香水、嫌みにならない程度にダイヤを散りばめたペンダント。たぶん、学校一のお嬢様はあの子ね。よし……!」

ユウカ(個室の上から覗き込んで……と)ズズイ

ユウカ(思えば、裸でトイレの仕切り伝いにはい回る様はサルというかナマケモノみたいで……どっちにしても私かなり人間捨ててる……けど)

ネト……ネロリ

ユウカ(うう、アソコの汁がネトネトになってる……ああっ)ズリズリ

58:でで 管理人 :

2015/11/19 (Thu) 15:17:07

超お嬢「ん……くうっ」

ユウカ(あ、超お嬢がお尻を出して踏ん張ってる……すごいかっこう//)

超お嬢「んふっ、はあ、はあっ、んぎぃ!」

ブ、ブビイイイ!

ユウカ「げ、下痢!?」

超お嬢「あああっ! 恥ずかしい音ですわ……くっ! こ、この美しい私がっ! なぜっ!!」

ユウカ(なんで様式の便座に立って出してるんだろ……とにかく! あっちがウンチに集中している間に……!)プリン!

超お嬢「あああ……」ブ、ブリリ、ブビビビビチビチビュビュビュ!!!

ユウカ「よ、よっしいくわよ……」

超お嬢「んはああああ!」ブビュビイイイイイ!!

ユウカ「ふんっ!」グッ

ブッボオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!!

超お嬢「ひゃっ!?」ビクウウウッ!!!

ユウカ「あ、ああああああっ!!」

超お嬢「な、ななななな……なんですの!?」


超お嬢の次のリアクション 選択安価↓
1 「ああっ! なんですのあなたは! ゆるしませんわよ!?」
2 「ひい!? な、なんですのあなたは!! お願い、このことは内密に!!」
3 「わ、私としたことがこんな大きな音を立ててしまいましたわ(ユウカに気づかず)//」
4 「……あら? まあ、素敵なお方♡ わたくしと楽しいことをしませんか?」

超お嬢の名前 安価↓↓
59:名無し :

2015/11/20 (Fri) 17:47:12

安価2
60:名無し :

2015/12/06 (Sun) 22:16:21

安価↓
61:名無し :

2015/12/06 (Sun) 22:17:17

吉祥院ユキノ
62:でで 管理人 :

2015/12/07 (Mon) 11:38:23

ユキノ「ひい!? な、なんですのあなたは!! お願い、このことは内密に!!」

ユウカ「え、ええっ!?」

ユキノ「こんなことがバレては末代までの恥ですわぁあっ! なんでもいたしますお許しをおっ!」

ユウカ「なんでもっていきなり言われても……」

ユキノ「と、とりあえずこちらに来てくださいまし」

ユウカ「え?」

ユキノ「は、はやく! 誰かに見つかったら怪しまれてしまいますわ!」

ユウカ「そ、そうだった……んしょっ」ズズリ

ユキノ「きゃあ!? は、裸!?」

ユウカ「そ、そうだった……うう///」

ユキノ「こ、こんな変態に弱みを握られてしまうなんて屈辱……」

ユウカ(未だに自分のことのほうが不利だと思っているなんて……おバカなのかそれだけプライドが高いのか)

ユキノ「う、睨んでる……す、すみません。今のは失言でしたわ」

ユウカ「い、いえそういうわけではなくて……う~ん」
63:でで 管理人 :

2015/12/07 (Mon) 11:49:53

ユウカ「そ、それじゃあいうことを訊いてもらおうか……な?(この人に手伝ってもらえれば服を着て家に帰れるかも)」

ユキノ「か、かしこまりましたわ! なんでもいうことを訊きますわ! わたくしはご主人様の奴隷ですわ! ですから何卒、下痢のこと等で他の人にまで恥が漏れることだけはお許しくださいましっ!!」

ユウカ「え、あ、はあ」

ユキノ「ううっ、こんな全裸変態庶民にこんなことを言わねばならないとは……」クッ!!

ユウカ「ぜ、ぜん……ううっ(完全にバカにされている……この人本当に屈辱を受けていることが私にとっても屈辱に……)」

ユキノ「う、い、今のはなんでもありませんわ」

ユウカ「は、はあ(な、なんでもいいから早く……)」

ユキノ「ふう、うまくごまかせましたわ。相手がバカで助かりましたわ」ホッ

ユウカ(ひ、ひどいっ!!!)

ユキノ「で、では何なりとご命令を」

ユウカ「そ、それじゃあ何か着るものを……」

ユキノ「わ、私の服は貸しませんわよ!? 言ったでしょう、外部に恥が漏れては従う意味がございませんもの!」

ユウカ「そ、それはわかってます、なにか変えの服を持ってきてほしいといっているんです」

ユキノ「それもできませんわ。私の変えの服を庶民に渡すことは恥となりますわ」

ユウカ「えっ、別にあなたの服でなくても……」

ユキノ「他の方の服や、どこかで買ってくるのも恥ですわ! 私が、庶民の服を買ってしまうなどと!!」

ユウカ「別のお嬢様に服を貸してもらうとか!」

ユキノ「ですから言っているでしょう! 庶民の服など触れること自体が恥であると!!」

ユウカ「ええええ~~~……(この人、自分の家以外全部庶民だと思ってるの!?)」

ユキノ「……そうですわ。ご主人様にはこれを使いましょう♪」

ユウカ「えっ?」

ユキノ「トイレットペーパーで体を……くるくるくる~♪」

ユウカ「えええっ!? あ、あ、あ、あ!」

ユキノ「できましたわ♪」

ユウカ「か、体をトイレットペーパーでぐるぐる巻きに……ある意味もっと哀れ」ガックリ

64:でで 管理人 :

2015/12/07 (Mon) 11:58:18

ユウカ「で、でも全裸よりはマシかあ。えっと名前は……」

ユキノ「吉祥院ユキノですわ」

ユウカ「ユキノ……さん。私が家に帰るまで、近くでサポートしてもらえないかな?」

ユキノ「……わかりましたわ。いいでしょう」

ユウカ「それはいいのね」フウ

ユキノ「これからが屈辱の本番ですのね……はあ」

ユウカ「そ、それじゃあトイレから出ましょう」

ユキノ「ええ、ご主人様」

パタン

ユウカ「廊下に……」

お嬢1「あっ! さっきの変態がいましたわ!」

ユウカ「ひえ、逃げないと!」パタタッ

ユキノ「まあ」

お嬢3「不審者め!! 写真で顔を映してやる!」バッ!

ユウカ「ひええ! 顔……」

ユキノ「トイレットペーパーを上にずらして顔を隠せばいいのですわ!」グイイッ

ユウカ「え?」シュザパッ!

お嬢2「キャあ! 顔が隠れて、お胸とお股とお尻だけが丸出しに!」

ユウカ「ひえええええ!?」

ユキノ「あ、やっちゃいましたわ」

ユウカ「なにをやってるのよおおおお……」

ユキノ「窓からにげるのですわ」グイッ

ユウカ「ひえ!?」ドテンバタンドスン!!

お嬢1「あ、行ってしまいましたわ!」

お嬢3「くっ、顔が隠れた後の写真しか撮れなかったか……」


ユウカ「いたたた……あ、と、トイレットペーパーが崩れて……」

ユキノ「早く逃げるのですわ!」グイグイ!

ユウカ「あわわっ、待ってえ! 紙が崩れて悲惨な状態にい!!」

トイレットペーパーが崩れて、ユウカの格好はどんな感じに? 安価↓
65:名無し :

2015/12/08 (Tue) 00:41:55

偶然トイレットペーパーが靴下の形に残って後は全裸
66:でで 管理人 :

2015/12/13 (Sun) 13:37:23

ユキノ「あ、あらまあ」

ユウカ「あああ……そんなあ」

ユキノ「とにかくにげるのですわご主人様」ガッシリ

ユウカ「うう、手をそんなに強く握らないで、ああ、あ、あ、あ! 片手が使えなかったらその分隠せなくなっちゃう~~~~!

ユキノ「そーれ!」タッタタター

ユウカ「ど、堂々と校門から出たりしたら周囲に……!」

ユキノ「え、ここは裏口ですわよ?」

ユウカ「う、裏口だったの……(お金持ちってやっぱりすごい……けどそれより早く隠さないとー!)」

ネチョ

ユウカ(あ、アソコを隠してる手にねっちょりした感触が……うう、最悪)

ユキノ「さて、ご主人様のお宅はどこですの?」

ユウカ「え、えっと、とりあえず右に……」

ユキノ「わかりましたわ」タタッ

ユウカ「うう、お迎えの車に乗せたりとかしてくれないかしら……あ、そうしたら運転手さんに見つかっちゃうか……」タッタッタ

ユキノ「あ、人が来ましたわ」

ユウカ「え、や、ややっ! 隠れないと!」
67:でで 管理人 :

2015/12/13 (Sun) 13:44:00

コソコソ

ユウカ「車があってよかった、陰に隠れられる」フウ

ユキノ「こんな小汚いお車がこの世にあるなんて思いませんでしたわ」

ユウカ「いちいちあなたの基準でバカにしないでよ……」

ユキノ「う! す、すみません! 申し訳ございませんですわご主人様!」ガバアッ!!

ユウカ「い! っちょ、ま、ど土下座なんてしないで……」

ブロロロロロロロ……!

ユウカ「え?」

ガーーーーーーッ

ユウカ「……あ」

ユキノ「あら?」

ユウカ「く、車が行っちゃった……私達……丸見え」

JK達「なにあいつら」「きゃははバカー!」「バカッターに投稿しちゃえ~!」

ユウカ「ひええええええ! 顔を隠さなきゃー!」

ユキノ「に、逃げるのですわ~!」

JK「>>68
68:rika :

2015/12/13 (Sun) 20:03:20

一生をつぶしてやる……
69:でで 管理人 :

2015/12/14 (Mon) 11:29:51

ユウカ「あわわっ、あんなこと言ってるう!」

ユキノ「土下座姿など撮られては……」ガバッ

JK達「顔隠してんじゃねーよ!」「蹴るぞこらあ!」「……ちょっと待って!!」

ユウカ「え?」

JK達「あ、あれ……ユキノさんじゃねーか」「ほ、ほんと!」「こ、こんなとこで何してんですか? あ、あははっ」ビクビク

ユキノ「……はあ?」

ユウカ「自分でも知らないうちにすごい恐れられてる……?」

ユキノ「は、はあ……?」

JK達「すんませんっしたあ!」「ま、まだなんも撮ってません!」「お許しを~!」

ユキノ「……このことは内密にすること。ですわ」

JK達「は、はい!」「わっかりましたー!」「えっと、そこのもう一人の人のは撮っちゃいましたけど、どうしましょうか」

ユウカ「げっ」


70:でで 管理人 :

2015/12/14 (Mon) 11:35:40

ユキノ「え、そうですわね……」

ユウカ「あ、あの、ユキノさん? 写真を消すのと、服を貸してもらえるように頼んでもらえませんか?」

JK「つかこいつなんでマッパなんです?」

ユウカ「ぐ。そ、それは……」

ユキノ「こ、この人変態なのですわ」

JK達「「ぷぷっ」」ククク

ユウカ「ぐ」クウー!

ユキノ「で、そ、その……えっと」

JK達「変態かあ」「そんならちょっとなんかやってもらおっかな?」「そーそー」

ユウカ「え、ええええ……ゆ、ユキノさん、助けて!」

ユキノ「さっきあなたが頼んだこと、彼女らの言うことを訊いたらして差し上げますわ」

ユウカ「えええええ~~~!? だ、だって、さっき下痢を……あううっ」

ユキノ「一度くらい何かしてみせてあげないと、彼女らも納得しないでしょうからね♪」ウフフフフ~~♪

ユウカ「ず、ずるい~~~!」


JK「よっしゃ、じゃあアンタ、>>71(人生崩壊はNG)してみせな!」



71:名無し :

2015/12/15 (Tue) 14:27:18

逆立ちでおしっこ噴水
72:でで 管理人 :

2015/12/19 (Sat) 10:15:35

JK「んじゃ、逆立ちしな」

ユウカ「うぐぐ、うぐっ」ググッ

ユキノ「うわ、みじめ……」

JK達「うっはあ、こいつバカみてえ」「胸デカいな……くそ、調子に乗ってんなよ」

ユウカ「の、のってません……あううっ(首におっぱいがもたれかかって苦しい……)」

JK達「とっととションベンしやがれ!」「誰か来たらテメーだけ大恥だぞ!」ケラケラ

ユウカ「うう(く、悔しい……)」

ユキノ「わたくしを辱めた罰ですわ」クックック

ユウカ「だ、だれもそんなこと……う!」ピクピクッ

JK達「「お?」」

ユウカ「で、でる……ずっと裸で冷えたから……」

ジョロロロロロロ……ジョロロロロオオオオ……

JK達「ぷっ」「あはははは!」「ウケる~~!」

ユウカ(うう、こんな嫌な人たちの目の前で逆立ちしておしっこ……あああ、あったかい感触が、濡れる感触が、惨めさを強調して……あああ)

ユキノ「しかし、全く噴水になっておりませんわ。直接下に流れて行ってしまっていますもの」

ユウカ「ういっ」ギク

73:でで 管理人 :

2015/12/19 (Sat) 10:29:15

JK達「たしかにね」「こりゃやり直しだな♪」ククク

ユウカ「あうううっ、そんな、そんなあ」

JK達「オラ、水飲みに行くぞ」「そこの公園の水飲み場な」「ほら、逆立ちやめて立てよ」

ユウカ「あ、あううう……う!?」

ブオオオオオオオオオオオオオッ!!!!

JK達「おわあっ!?」「ぎゃああ!」「く、くっせー! おえええ!」

ユキノ「ひいいっ! ま、またしても! 最低ですわ!!」

ユウカ「し、しまったああ……(逆立ちを解く途中、ちょうどこの子達にお尻を向けた途端にいっきにおならが……最悪ううう)」

JK達「おええ、おええっ!」「てめー最悪だなおい!」「ユキノさん、こいつあたしらの学校に連れてっていいっすか!? 大恥かかせてやる!」

ユキノ「え、ええ、かまいませんわ!」オエエッ

ユウカ「ひ、ひいいい!?」

婦警「そこ、なにやってるの!?」

ユウカ「あ!? さ、さっきの婦警さん!?」ビックウウウッ!

JK達「「げ」」

婦警「あなたたちの学校に連れて行くですって……? どうやらいじめのようね」

JK達「い、いや私たちは」「こいつにつき合ってただけで……」

婦警「いじめはね、言葉をオブラートで包まれただけの犯罪行為なのよ!?」ガシイッ

JK達「げ!?」「うわわ!」「ま、待っ」

婦警「スマホも撮影モードになっているみたいじゃない。よこしなさい」

JK達「く、ぐっ」「……だ、だって私達ぃ」「違うんですぅううう……」

ユウカ「あ、あの、その、あの……」

スッスインスイン

婦警「……やはり。この子だけじゃなく、他にもいろんな子の画像があるわね。言い訳は署で聴くわ」

JK達「「く、くっそおおおおおおおおおおおおおおお!!」」


74:でで 管理人 :

2015/12/19 (Sat) 10:30:28

ユウカ(JK達はこうして逮捕?補導? されていった……ユキノさんはいつの間にか逃げていた。そして、婦警さんは私に優しくしてくれて、服を貸してくれた上にパトカーで家まで送ってくれた。助かった…)

ユウカ(って、あの写真が警察の証拠品として残ることになっちゃった!? うああああああっ!!)(

ユウカ(……と思ったけど、JK達が脅しのために嘘をついていただけだったらしい。助かった……)

ユウカ(もう、あんな目に遭うのはこりごり)

ユウカ「……だなんて日記に書きつつ、結局今日も全裸で公園にいる私……なんなの」ハアー



おしまい

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:
レンタルサーバー - アクセス解析 - 動画 - - ノウハウ - ライブチャット

FC2無料掲示板

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.